<   2006年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
次は、鼻にテープレコーダーを入れた男
e0081517_0315548.jpg













ややや。二十歳になってしまった。
小さいころから「ノストラダムスの予言があるから、13歳までしか生きられんのよね」と
確信していたので、二十年も生きてこられてうれしい限りです。


ヒマすぎる一日で、1時間くらい悩んだあげくビレバンに行った。ああいう1時間って無駄やなあ。
めずらしく漫画とか3冊も買った。岡崎京子と吉田戦車と、
あと、前から気になっていた西島大介の”ディエンビエンフー”を買った。
タイトルからわかる通りベトナム戦争。
感覚が麻痺する感じは、恐ろしいです。自分がこれ読んでいいんかどうかようわからんかった。
ふーー!


マジでわたし何もしてねえや、今日。
明日からきちんと課題のこと考えます。バイト探します。
だからとりあえず・・・寝る!
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-29 00:52 | 読む
次は、頭にテンを刺した男
e0081517_21555033.jpg











昨夜は年下の熊本人と、同い年の熊本人と、年上の熊本人と飲みました。
気づいたらわたしも熊本弁でしゃべっていたよ。
気づいたら三人とも焼酎を飲んでいたよ。(わたしカルアミルク)
気づいたら年上の熊本人(フリーター)が赤裸々に職場での男性経験を語っていたよ。
わたしには刺激が強すぎたよ。といいつつすごい追求したけどよ。
ウヘヘ、恋愛ってなんですか


やばいなあ、そろそろ、やばいなあ。
やはり「自分を会員にするようなクラブに入りたくない」というウディ・アレン式恋愛観をもっていては
いけないのかもしれないなあ。


そして今日は、同い年の熊本人とバスケ部の応援に行ってから
駅前のモスバーガーでスネオの髪型を研究していた。
・・・アッッッ!彼氏ができない理由・ひとつはっけ~ん!




あさって二十歳・・・
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-27 22:18 | 思う
ぶりぶりざえもん
えっへへー眠いなあ。頭痛が痛いなあ。
今朝の5時までだいがくのダンスパーチーだったのです。
四芸祭という東京芸大・京都芸大・金沢美工大・愛知芸大がいちねんに一度ひらくおまつりです。

今年は愛知が会場だで、地元のライブハウスで朝まで騒いだんだわ。
よーけバンドが出たもんで、どえりゃあ楽しかったがね。
ほんだけどやっぱり朝までだと眠くてかんわ。
今朝はゆうこと9時に待ち合わせたけどよ、11時に起きてまった。
ほんで、どえりゃあパニクってゆうこに電話したらゆうこも寝てまっとった。
ふたりともくそだーけだわ。



フリークス” 1932・米  Dir:トッドブラウニング

カルトな映画ばかり見ています。
この映画、「のろわれた映画」だの「人間に見せるべきものではない」だの。そんなことないですね。
監督はフリークス(奇形の人々)たちを見世物に使ったのではなく、
とても愛していたんだなあと映画のいたるところから感じましたよ。

劇中、なかよしで非常に団結していたフリークスたち
実際の収録現場では、役者としてのプライドの高さから対立していたんだそうだ。コラッ。



レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカ” 1989・フィンランド=スウェーデン Dir:アキ・カウリスマキ

これも友人の家で、観たんですが。
”フリークス”上映会がメインで、「これちょっと気になるから借りてみよう」くらいに思って観たんだけど。

終わった瞬間わたしらスタンディングオベーション。6畳で。3人で。
やばい!
すべてがいい!やつらのとりこだよ!いいもの観たぜ。

e0081517_14425883.jpg












わたしもレニングラードカウボーイズに入りたい。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-26 14:45 | 遊ぶ
アブジェクション
e0081517_0201644.jpg




















今日は写真課題の導入。写真家の先生が来て、授業していかれましたよ。
「自分が蜷川実花になれると思うな!」とか「日記のような写真撮ってこられても講評に困る!」とか
なんかなにも悪いことしてないのに怒られてるような気になったね。ご、ごめん!って感じだった。
その状況がなんかやたら笑えてしまったわたしは、もうちょっとまじめになります。



エル・トポ” 1971 監督・脚本・主演・音楽:アレハンドロ・ホドロフスキー

久々に、途中で「ああー観るのやめようかニャン。どうしようかニャン。」と思ってしまったぜ。

とにかくただただ悲惨な暴力描写が続いたり、
奇形の人々や、動物の死骸や、ショッキングなものが目にどんどん飛び込んできます。
じゃがりこ(ジャーマンポテト味)を食べながら観たのは失敗でした、確実に。

でもそんな残酷な世界だからこそ、後半のやさしい・あったかいシーンが際立って見えるのですね。
この映画で謂われている哲学的なテーマは、正直わからんけれど
ラスト30分・主人公と小人の女性の愛情あふれるシーンだけで救われました。



それにしても公開当時、「上映館内でのマリファナ吸引公認」とか・・・すごいすね。
カルト映画の原点といわれるだけはあります。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-23 00:45 | 観る
おれのうたをきけ!
e0081517_13315398.jpg




















12時間寝た 
バイトの面接の時間の5分前に起きた。もちろん受けてません。



おととい、カラオケ行ってから熊本の変な人の家で一夜を明かし、そのまま都会へ行きました。
友人宅では「マクロス7」というアニメを見ました。
すべてに爆笑した。あんな傑作アニメがあるなんて知らなかった!
都会ではなんだか色々なことの打ち合わせを、あーでもないこーでもないしました。


それから夕子と石田達郎さんのグループ展に行った。
パフォーマンスの時間に間に合わない、急げ、迷った、あ、着いた。いや、違った、迷った、あれだ。やっと着いた。
て感じで急いだのに時間間違えてたりとかグダグダで、でもまあいいやっていうそんな雰囲気でした。

ギャラリーの屋上で石田さんのパフォーマンスのあと、
もうひとりイギリス人アーティストの方のパフォーマンスも見ました。
とてもとても美しかったです。
彼女は話したりすると、とてもよく笑って、キュートで、親切な方(あとべらぼうに美人)なんだけど
パフォーマンスはすごく強くて、でも繊細でした。
屋上で風を受けて立っている彼女を見上げていると、まるで天使のようだった!

帰りに現代アートの先生と会って、一緒にご飯を食べに行きました。
先生が話したことを思い出してみると
30%アート・10%漫画・60%ネコ でした。
あとはじめて大人のひとと、ロッキンオンの渋谷陽一の話を共有できて嬉しかったです。



昨日後悔したできごとといえば
イギリス人の彼女と話したときに、思うように英語がでてこなくてひどく悔しかったことくらいです。
ああ、もう。駅前留学しようかな。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-21 14:03 | 遊ぶ
おいしいコーヒーと三人の友だち
e0081517_20344079.jpg













一眼レフカメラを探しに、駅近くの中古カメラ屋さんに行きました。
カメラ経験者のななめ前髪な友人に付き合ってもらったよ。

店でくつろいでた常連のカメラマニアなおっちゃんたちが、なんだか色々教えてくれたぜ。
コーヒー飲みながら打ち解けてしまったぜ。
わたしに自慢のカメラを見せてくれたり、露出や絞りの解説もしてくれた。
そんで彼らオススメの、オリンパスの70年代のカメラを買いました。
裏の部分がちょっと剥げているのがお気に入りです。

撮った写真も見せたいなあ。
またおっちゃんたちに会いに行こうっと。



今からカラオケ。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-19 20:48 | 買う
かたつむり多い
e0081517_03455.jpg



















最近急に忙しいです。

今週は課題を、がんばってすごい大量にやった。
B2パネル×4枚 B1パネル×2枚やった。
こんなにおうちに持って帰ったら、部屋がパネルの山になってしまうよ。
パネル山脈だよ。
パネル山脈では、遊牧民族が羊を飼っているよ。
パネル山脈の麓を流れる清らかな水は、多くの田畑をうるおすよ。


明日は講評→栄に一眼レフを買いに行く→カラオケ
やっべ、眠い!
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-19 00:57 | 学ぶ
ああ、ノルウェイジャンブルーね
e0081517_22353580.jpg













こんばんは!
上図は、モンティパイソンの中でも名作中の名作スケッチ(コント)、「死んだオウム」です。
youtubeのおかげでたくさんのパイソンスケッチを見て夜な夜なひとりでニヤニヤできる。感謝。
字幕なんてもちろんないけど、もうセリフはわかってるので笑える。どうだ参ったか。



さっきお母さんと口論になりました。
理由はわたしが「成人式にでない」と言ったことです。
お母さんが「はやく振袖をどうするか決めなさい」と催促してくるので
振袖に何十万も使うのなら、PCを買ってください、と懇願したんです。

ついこないだまでは「まァ、かわいい振袖着れるんならいいかなあ」くらいに思ってて
「アンティーク着たいなぁ」なんて言ってたんだけどさ。

先日ふと兄の成人式の集合写真を目にしました。
なんだかちょっと怖くなったんだよなぁ。あまりに自分とかけ離れていすぎて。
自分を「人と違うぜ!イエー!」ってアピる気は毛頭ないけれど
多分わたしはもうあの輪に混ざったとしても、なんの意味もない気がしたんです。

お父さんは「ひとつのけじめ」と言う。
何十万もかけて着飾ってつけるけじめならけじめなんていらない~。
あの写真がけじめならけじめなんていらない~。


ああどうしよう。
振袖なんて欲しくないよう。




「バカ歩き省」「スパムスケッチ」「サラダデイズ」「スペイン宗教裁判」「ベッド売り場にて」
「恐怖の殺人ジョーク」「議論の教室」「パールハーバー」「上流階級アホレース」「羊のコンコルド」
ヒマだなぁわたし!寝よう!
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-15 23:07 | 思う
春が来れば思い出す
e0081517_22434064.jpg





















今日、ばあちゃんちに行ったついでに高山に寄った。
ばあちゃんと母とお土産買ったりウロウロしていたら、古道具屋さんみたいなお店を発見。
そこに明治時代の浮世絵が無造作に売ってありました。
プリントじゃないよ。ちゃんと明治時代に版元で刷った、正真正銘の版画だよ。

薄暗い店内でものすごい興奮していたら、ばあちゃんが「買ってやろうか」と言ってくれたけど
このペラペラでビリビリの版画・3枚6000円は、荷が重過ぎて、丁重に断った。
すっごい量が積んであって、ゆっくり2時間ほどかけて眺めまわしたかったのですが
時間がなくて泣く泣くおさらばした。
ほかの古道具たちにも「また来るからね。5時間くらい空けてくるからね」と約束して。


今日は、あめふりの中咲いてる水ばしょうを見てなごんだり
白樺の木が並んでる風景になんともいえぬ快感を覚えたり。
ばあちゃんちは癒されるなあ。



・・・明日は学校で課題カァ、ヘヘ。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-13 23:08 | 行く
愛知に住むよろこび
e0081517_21355657.jpg
















Richard Avedonというフォトグラファーの写真です。
「華氏911」のマイケルムーア監督と、アナン国連事務総長。かっこいいね。
こんな写真からはじまると、まるですごい社会派な日記をかくんかと思われるかもしれないが
特にそういうわけでもないぜ。



大学に入って一ヶ月経ちました。
やはり夢に描いていた大学生活とは大分違って
「こんなんじゃだめだ」と焦ったり
先生や人の言う事に反発したりしていたり、あたまは日々ぐるぐる動いています。

とは言いつつ、なんだか知らないけれどどうも私は少しずつなにか学んでいる気が
してきたような。
カチカチの頭がすこしほぐれてきたみたいな。
というより、「自分はもしかしたらこれでもいいんじゃないか」って自信が、少しついた感じ。
卑屈に見てたものを、もうちょっと遠くから大きくみれるようになった感じ。



あと、だれかを笑わせたり、だれかに笑わされたりっていうのが
ものすごくすばらしいということを毎日思う。
笑は美だ。
[PR]
by i_am_timid | 2006-05-12 22:06 | 学ぶ